10万人集めたいんじゃなく、濃い1万人を集めたい / HIPHOP村おこし始まる / SOWL VILLAGE 2018 TALK SESSION TAKESABURO × KENTA × YOTA KOYANAGI × KURO THE ROCK

tbbani.jpg

10万人集めたいんじゃなく、濃い1万人を集めたい / HIPHOP村おこし始まる / SOWL VILLAGE 2018 TALK SESSION TAKESABURO × KENTA × YOTA KOYANAGI × KURO THE ROCK

2018-03-22 Category:interview



いよいよ開催が迫ったSOWL VILLAGE 2018
第二回目になる今回は、ビッグゲスト”MACCHO&DJ SN-Z from OZROSAURUS”を筆頭に、錚々たるメンツが川崎CLUB CITTA'に集合となる。
そんなSOWL VILLAGEの主催である、TAKESABURO氏、KENTA氏に加え、この2人と共に藤沢のシーンを支える重要人物、Lafayetteより小柳洋太氏、ENTER THE STAGEを代表してKURO THE ROCKがSOWL VILLAGEの内容から派生して、現在のダンスシーンやクラブシーンについてなど、思った事を吐き出すトークセッションを行った。


まずは自己紹介から

KENTA
ケンタです。普段は藤沢でSTUDIOROND(http://www.studiorond.com/)っていうレンタルスタジオの運営と、インストラクターをやったり、Local Foundation(http://localfoundation.jp/)というイベント運営団体でイベント企画などをやっています。

SOWL VILLAGEでの役割は、主催者の1人として、裏側を統括しています。よろしくお願いします。


(TAKESABURO : 以下 TAKE)
タケサブロウです。XXX-LARGE,SO DEEPで活動しつつ、藤沢でYELLOW BLACK DANCE STUDIO(http://www.yellowblack.jp/)をやっています。
俺は主催者のもう1人として表側の仕切りをやってます。

(小柳 洋太 : 以下 KOYA)
Lafayetteの小柳です。
今年で15年周年を迎えるLafayette(http://www.lafayettecrew.com/)の立ち上げスタッフで、ブランドのプレスだったり、プロモーションなどをやってます。
個人的にもイベントのオーガナイズだったり、幅広く動いてます。
SOWL VILLAGEでは、アーティストブッキングやラウンジを担当させてもらっいて、Lafayette Loungeのオーガナイズ諸々をやります。

(KURO THE ROCK : 以下 KURO)
KURO THE ROCKです。
普段はENTER THE STAGEというサイトの運営、映像制作、イベントのオーガナイズ、踊ったり、DJしたり、色々やらしてもらってます。
SOWL VILLAGEでは、裏側でブッキングを少し手伝ったり、ENTER THE STAGEとしてSOWL VILLAGEを広めたり、告知用やVJ用の映像を作ったり、今回はプレイヤーとしてもショーをさせて頂きます。



STRADからSOWLVILLAGEへ



KENTA
SOWL VILLAGEの元になる前身イベント「STRAD」というダンスイベントを2010年にチッタで初開催して、翌年にXXX-LARGEとS.A.Sの10周年企画をやった時からタケと組んで、2人でSTRADを続けてきてて。2人で仕掛けるようになってから、内容の面はタケ仕切りでやってきたんですけど、ラッパーのライブだったり、HIPHOPの現場で活躍してるDJを呼んだり、ダンスイベントの枠を飛び出す方向に進化していって。そうやってダンスイベントとして続けていく中で、出演ダンサーが重なるようなイベントや似たような内容のダンスイベントが出てきたのもあって、ダンスイベントじゃなくて”ヒップホップのイベント”にシフトしようと。それが去年のSOWLVILLAGE1回目に繋がった感じですね。



TAKE
まあ簡潔にいうと「HIPHOP村おこし」だね笑

チッタでダンスイベントが定期的に年間何本もある、っていうのが決まってきたから、そこでの俺らの役割はもうないなと思って。じゃあ、それだったら逆に自分達がワクワクするもの、今まで刺激を受けてきた”ダンス以外のHIPHOPエレメンツ”をもっと前に出したパーティーをしたほうがいいんじゃない?というのをケンタと3年前ぐらいから話してて、「ここでしょ!」というところで始めたのが去年だったって感じですね。

KENTA
そうだね。ここでしょ!っていうタイミングがいきなり来たから、SOWL VILLAGE開催の方向へ急ハンドル切りました。

STRADを始めた頃は、チッタ開催のダンスイベントってほとんど無かったんだけどね。

KOYA
STRADは最初はライブとかはなかったんですか?

KENTA
最初はなかったですね

TAKE
俺が加わったXXX-LARGE、SASの10周年あたりからマイク入りはじめたよね。

KENTA
XXX-LARGEの要素、タケの要素が入り始めたね。


TAKE
その頃、MSCとかとツアー回ったりしてた時期だったし。

KENTA
さらに、HAPPY FUJISAWA(youtubeリンク:https://www.youtube.com/watch?v=C4kkPUH3Ra0)の動画制作をキッカケにLafayetteとの繋がりも出来て、チッタ2階のラウンジを一緒にやりませんか?という風に声をかけさせてもらい参加してもらうようになったSTRAD後期が今のSOWL VILLAGEの母体になってます。

TAKE
まあ、今はクラブチッタでのダンスイベントは当たり前にあるけど、ラッパーと話すと神奈川祭がなくなってから、チッタのステージでライブする機会がないみたいだから、そっちの客層の人達がワクワクしてくれるんじゃないかと思ってますね。

ダンサー側よりラッパーの方が熱意感じるなと。「チッタっすよねー!」って笑

昔、俺らがチッタ出る時に上がるあのテンションね。それはすごい感じる。


SOWL VILLAGEのおすすめポイント、エリアなど

▪️メインエリア、CLUBエリア、Lafayette LOUNGEについて


TAKE

簡単に言うと”観る、踊る、遊ぶ”って感じかな。
メインどこはそうなるかなと。
観るのがメインのメインステージ。
音楽聴いて踊るのがCLUBエリア。
お酒飲んでイェーイなところが、ラウンジかなと。


KOYA
毎回ラウンジを任せてもらってる中で、今年はちょっと違うエッセンスを入れたいなっていうのが個人的にあって。去年は、サイプレス上野、SEX山口など、元々自分がやってるイベントのメンツで組んでみたんですけど、
今回はSOWL VILLAGE二回目っていうのもあって、NEWYORK的なメンツで、DJもするけどマイクも持てる、みたいな人がいたらと思い、横浜BRIDGEで定期で行われているイベント「NAVIGATOR」がマッチするなと思い、ウチとNAVIGATORを合わせてSOWL VILLAGEで披露するというのは新しいかなと。ゲストライブにオジロをブッキングできたっていうのもありましたしね。まあ、今回どうなるかな?っていうのは自分でも楽しみですね。

▪️オジロザウルスについて



KENTA

去年のSOWL VILLAGEが終わった後に、タケとコヤくんと三人で打ちあげをしつつ次回の話をしてた時に、ゲストライブ構想にオジロの名前があがって。今後は昼開催に展開することも考えてるから、深夜帯の締めにオジロはいいんじゃないか?という話になって。しかも1MC、1DJのスタイルはヘッズ待望なんじゃないかと。

KURO
純粋なHIPHOPのスタイルですね。

KOYA
チッタで1MC1DJをやったのは5年前って言ってましたね。

TAKE
それが神奈川祭ですかね?だったら貴重ですね。

KENTA
ビリビリ来ますね。


▪️MC BATTLEについて

前回のMC BATTLE。FORK vs カルデラビスタ

KENTA

今回はAs ONEプレゼンツという事で、BEATBOXERの太華さんに協力してもらい、太華さんのMCによる、As ONEルールで行います。

KURO
8小節をチームの中で自由に使っていいんですよね?

TAKE
そうそう、だから3対2っていうのもあったりするんだよね。
だからソロでいってもいいし、いろんなやり方があると思う。

KURO
そのやり方っていうのも見どころですよね。

TAKE
まずは、神奈川筆頭でこの前までは伝説の負けなし男、FORK君が見所で。ソロでやばいと思いきや、三人でやると5倍くらいやばくなるアイスバーンのCREW感ね。

KURO
彩 - IRODORI -のスナフキンとKOOPAくんは、僕のイベントENTER THE STAGE JAMのエキシビジョンMCバトルにも参加してもらったりしてるんですけど、スナフキンは最近勝ちまくってて。BBOY PARKも優勝してるし、最近だと山梨でMC BATTLEがあって、たまたま僕も居たんですけどそれも優勝してたし、まあほんとに負けなしですよね。ライブとかも良いし。

KOOPAくんは、僕が初めて会ったのは自分のイベントで。スナフキンが連れてきてくれたんですが、BATTLE強いのは知ってたけど、その場の空気を掴んで楽しんでやってる感じで、KOOPAくんのフローが好きですね。

LAYGANくんは、実はまだ会った事ないので、それはそれでどんなバトルをしてくるか楽しみだなって思ってます。


TAKE
負けなし 対 負けなし なんで、かなりメインどころになってくるんじゃないかなと。

KURO
そして今回のもう一つのバトルが3対2のバトルですよね?

TAKE
TRI MUG'sCARTEL (TAIC/LOOP/MU-TON)に関しては、ムートンがMCバトル最強の呂布カルマを倒した時の1回目とかがやばすぎて。なんかあったら呼びたいなーと思ってたらちょうどこのタイミングにきた!っていう。
しかも今回はそのクルーでね。TAICは福島のUMBでも優勝してるし、相方も実績があるしね。
KURO
で、もう一つが045ですね。これは完全に横浜って感じですが。
先日山梨で9forくんには会ったんですけど、めっちゃ若いっすよね笑

TAKE
そうだよね。だからクソ生意気な事が言えちゃう年齢なんじゃないかな?っていう。それが面白いんじゃないかなと。
今油に乗り始めた若手に、20歳くらいの何言っても怖くない奴がどこまで言うか、っていうベテランの試合とはまた違う面白さがあると思う。
KURO
なるほど。いや、ラップも聞いたんですけど、9forくんはスキル高くて凄かったっすね。

TAKE
ね。DragonOneくんもそうだよね、スキル高い。

KURO
そうっすね。あと、バトルに対する熱が高いっすよね。だから楽しみっすね。

SOWL VILLAGE 2017 FORK vs カルデラビスタ


SOWL VILLAGE 2017 崇勲 VS NAIKA MC



▪️LIVE SHOWCASEなどについて

KENTA
今回タケ達は、メインステージでのライブショーっていう形にしてるんだよね。ダンサーとラッパーとDJが絡んで1つのショーをするっていうパフォーマンスは見どころですね。D.L.I.PのNAGMATIC音源のみっていう音使いも。

TAKE

完全MADE IN JAPANESEでいくっていうね。


KENTA
MethやHongouくんが北海道と大阪から来てくれて、オールスター的なメンツになるし、一つここは大きい見どころですかね。
これを見たラッパーやDJが、「うお、ダンスもやべえー」ってなってくれれば本望というか。本当にそこは求めてるところですね。

TAKE
あと、新しいプロジェクトでNEWYORKから帰ってきたばかりのsucreamgoodman、生きる伝説レベルになってきたKO-TA(HIPNOTIC BOOGIE) & HIRO(MIDDLE FILTER)のニュージャックですね。今またニュージャックが流行してきてるのもアノ人達のおかげで、あのシルエットを今出せる人は日本にはもういなくなってきてるよね。ダンスはそういったところが注目すべきポイントかな〜。個人的に大好きなクランプのBlackⅢmuraiも呼べたし。


KENTA
ダンスの要注目ポイントをあえてあげるならその辺りですかね。

TAKE
あとはワールドフェイマスのDJ KOCO a.k.a SHIMOKITAさんがいて、クラブエリアだとDJ BUNTAのパフォーマンスにDUSTY HUSKY & SHEEF THE 3RDがいて、今度アルバムを出すDUSTY HUSKYがそこはバチっとかますんじゃないかなと。もしかしたらアルバム出してから最初のライブとかになるんじゃないかな?

KENTA
クラブエリアは手元が見えるから、DMCチャンピオンであるDJ BUNTAの手捌きを見てもらえたらいいなと思ってます。メインステージでもKOCOさんの手元をモニターで映したりするので、そこも見て楽しんでもらいたいなと。「そんな事やってんのー!」みたいにやっぱなるじゃん(笑)

TAKE
KOCOさんのあの7インチでどうやって針が合うわけ?みたいな笑
え?嘘でしょ?みたいな神業を見れるっていうね。

あとは、HOTEL LINXもいて、DJ KENTA(ZZ PRODUCTION)もいて、URUMAもいて。HOTEL LINXのBD君が一曲でもマイク持ってくれたらいいなーっていう、期待(笑)

KENTA
んで、ラウンジではさっき言ったLafayette LOUNGEで、NAVIGATORとのコラボがあって、また違う空間がもう一箇所にありますね。

KURO
どこ行っていいか迷っちゃいますね(笑)同時進行だし。
なんか遊び方みたいなのはありますか?

KENTA
ホームページにエリアマップ的なものがあるので、ココでこの時間騒いで、この時間チルして、みたいなことを計画を立てて来てもいいし、その場でフリースタイルで動いていくのもいいし、それはもう自分次第ですね。あとライブペイントもあって、今年はGENTA TANAKA(KINGRAFIX)がやってくれます。過去にSTRADでも書いてくれてるんですけど、目で楽しむっていうのもできるかなと。
フードもTrattoria cuccina G.G.がLafayetteのソースを使ったピザをLafayette LOUNGEで出すし。

TAKE
このソースが詰めてある瓶のジャケットは去年ライブペイントしてくれたNOVOLさんが描いてるっていうね。

KURO
あー繋がってますねー笑

TAKE
で、下のバハマキッチンもピザを出す予定。こっちはペパロニかな?クラシックなニューヨークスタイル。

KOYA
だからそこでもバトルが生まれる訳ですよね。(笑)
ピザバトルが。

一同


KENTA
もう五感をフルに刺激する感じですね。

で、さらにメインの総合司会はサイプレス上野くんにお願いしています。ここはもう今回のSOWL VILLAGE構想にあたり、オジロと並んで最初に出てきた名前だったんで、参加してもらえてよかったです。
ここも要注目ポイントですね。

TAKE
全てのフロアに見どころは散りばめてるから、そこはやっぱミソになるかなと。






昨今のダンスシーン

KENTA
良い悪い両方ありますよね。

KURO
イベントも凄いあるので”イベントのあり方”みたいなのをどう考えるかってところなんですが。

TAKE
そもそも質より量になっているというか。別にディスじゃなくて、浅はかな気持ちでダンスをやりたいって思ってる感じの人達か沢山いるし、そんな熱くなくて、、、。そういう人達がボンボンボンとたくさんイベントやってて。逆に本気で熱いのやりたいんすよ、っていう人達もいるけど、そのバランスが崩れちゃってる気がして。

みんながみんなそんなに熱くないイベントをやるか、ノルマ付けて手固いのをやるか、まあ損はない、リスクはない、その二択しかなくなっちゃって。あのイベントは毎回熱いよね、みたいなダンスイベントが減ってきちゃってるっていうのが現実な気がしてるんですよね。ここ東京かよ?って思うくらい。それで自分自身がつまんなくなちゃって、プレイヤーとして行く以外、ダンスイベントに行く事がなくなってしまって。最近下の世代とも話して「お前らの世代、何が今一番おもしろいのよ?」って聞くけど「これっすねー!」っていうのが出てこない。東京って日本じゃ最先端なハズなのに、人もたくさんいるのに無えのかよ!みたいな。そういうのは思うかな。

KURO
自分はENTER THE STAGEを運営してるんで、掲載されてるイベントを自分で見る訳なんですが、何をこのイベントでしたいのか?っていうのが見えてこないのも多くて。

イベントもスタイルだと思うんですけど、主催者自身のバックグラウンドがあって、それをイベントに落とし込むっていう訳でもなく、単純にバトルやります、審査員はこの人達、賞金いくら、で、終了、みたいな(笑)

TAKE
ジャッジが三人だとしたら三人誰でもいいんだよね、名前があれば。その日の結果が決まればいい、人が集まればいい、っていう、目的がそれしかない。イベント名が違うだけでそういうのが乱立しすぎてて、、、それが一番良くないよね。で、予選で落ちるような奴らはやっぱすぐ帰るもんね。バトル出に来てんのに、勝ち上がってる奴見ないんだ?って。

KURO
そうすね。でも思ったのが、帰るのは帰るで問題ある、というか、もったいないとは思いますけど、イベント側にも問題がありますよね。面白いイベントを作れてないから帰っちゃうんですよね。

TAKE
それもあるよね。決勝なのに時間優先で、先にペットボトル回しちゃって、ドキドキも何もない決勝とかね。あーいうのは、帰ってもいいやって思うよね(笑)
それが当たり前になってきてるのが怖いね。それでも時間を優先しちゃうんだ?みたいな。決勝やって優勝決めればいいんでしょ?みたいな。

KURO
プレイヤーが出てくれるからオーガナイザー側に勘違いも起こりますよね。イベントが面白くなくても、プレイヤーがいいバトルしたら結果盛り上がるし。

TAKE
いいダンサー同士が戦った瞬間は面白いに決まってるからね。

KURO
イベント側としても”新しい面白さ”みたいなのものを提供していかないとシーンが育たないですよね。

TAKE
そこを気にしてるオーガナイザーを全く見ない。形式があって、それをうまく回すっていうこと以外の目的を持ってる奴に会うことがない、地方も含めね。それでまかり通っちゃうし、お金のプラスも出るし。

例えば、決勝で一回照明を暗くして『決勝の演出をして出してあげよう』とか、そういう風に考えてるイベントを見ることがあまりないかな。アライブとか大きいイベントはちゃんとやってるけど。

さっきも言ったけど、すぐボトルスピンやって10秒でも早く終わらせる、とか。どっちが先行で出るかの意地の張り合いみたいなのが面白かったりする訳じゃない?勝ち負けより。そういうのさえないから、そのへんはオーガナイザーの責任なんだよね。

KURO
あとは、DJとかMCも適当な人がブッキングされてたり。。。(笑)

TAKE
いや、もう超適当でしょ(笑)
極論、知り合いで、DJできるからこいつでいいでしょ、くらいの選び方だよね。”こういうコンセプトだからこういう曲かけてよ”みたいなのもないと思うし。

こいつなんでもかけれるから、 DJ任せたよ、以上。
MCこういう感じで進めれるから頼むね、以上。
ていう、それ以上中身がない。そういうのがあってダンスシーンがつまんなくなってるよねー。

KURO
僕はBBOYの世界にいるから、色々見るんですけど。最近、ちょっと新しいのが入ってきてるなーっていうのは感じてますね。ブレイキンがバトルの世界では歴史があるっていうのもあるんですが、新しいことをなんかやろうとしてる奴らもいるんですよね。

イベント参加すると「あ、面白いな」って思うイベントはBBOYの中では増えてるのかなって思いますね。バトルの仕方とか、ちゃんとそこにコンテンツをしっかり考えて、ライブをやってみたりとか、そういうのも増えてきてるかなと。


TAKE
BBOYの方が純粋だよね、立ちダンサーより。BBOYの方が純粋にダンスやってるのがわかる。

立ちダンサーは誰お前?って奴もレッスンで食えたりしちゃう時代だから。ダンスで食うっていう目標を最初に立てちゃうから、どんな仕事でも食いついちゃうし。

でもBBOYって”かっこよくなりたい”とか”バトルに勝ちたい”っていう純粋な気持ちがあって、最初から稼ごうとしてる訳でもないと思うので。

今はREDBULLとかで夢が見れる時代にはなってきてるけどね、ISSEIやTAISUKEもいて。でもそれ抜きにしても純粋だからね、それが大きいよね。バトルもまっすぐだし、目もむき出しでね。

あれを立ちダンサーで見ることはないからね。「ナイスムーブ!!」みたいな(笑)

KURO
ゴルフっぽいすね笑

TAKE
BBOYのバトル見るのは面白いよね。でも、こないだKATSU ONEと一緒にバトル出たんだけど、「BBOYの奴らとかホントつまんねえからさー。」とか言ってたね。BBOYは音楽に対してかけ離れてるやつが多いから、見てらんねーっていうことみたいなんだよね。音楽とリンクしてない奴らが多いっていう。KATSUはBBOYの世界にいるからそういう風に見えちゃうんだよね、きっと。

KENTA
でも難しいね、この問題は。
オーガナイズ側の問題もあるし、プレイヤー側の意識の問題もあるし、両面あるね。


TAKE
立ちダンサーとBBOYでイベントも完全に真っ二つに分かれててリンクすることはほぼ無いから、それをリンクさせられるのが俺ら世代かなと。今まで絶対リンクできなかったから。

KENTA
今ここでKUROちゃんがいたりね。

TAKE
STRADとENTER THE STAGE JAMで、立ちとBBOYで一緒に面白いことをやろうってこともできるし、そういうのが起きてなかったから、今までにないダンスシーンの科学反応は俺ら世代で起こしたいよね。

KURO
コヤさん、逆に外側からみたダンスシーンのイメージなんてあります?

KOYA
さっきの話じゃないですけど、ダンサーとかスケーターとかラッパーとか、色んなジャンルがある中で、外から見たら、ダンスって盛り上がってるなって思うんですよね。僕らの世代と比べたら今ってダンスをみんなやってるし、お金も潤ってる業界なのかなって、思いますね。

でも実際蓋開けてみたら今みたいな話だったり。リアルじゃないところで盛り上がってしまってるのかなと。リアルなところはこの三人とか。

アパレルでもそうですけど、音楽もダンスも”カルチャーを伝えていかないと育たない”っていうのはすごい感じます。それを知らないっていうのは指導者の責任だし、そこを伝えていかないといけないなって。

SOWL VILLAGEはリアルな人が集まって、そこを伝えられるっていうのを感じたので、なんかお手伝いしたいなっていう思いに至りました。フェイクじゃないところを教えていきたいなっていうのはすごくあります。

KENTA
ちょっと話逸れてもいい?
今の日本って名も知れてない人が食えちゃうじゃん。ダンススタジオも乱立してて。で、みんなダンスで仕事したいから、スタジオ側は安く先生使えちゃったりして、バイト使うくらいの感覚で先生を雇えちゃったりするじゃないですか。

今って”子供の夢がダンスの先生”だったりするんですよ。僕ら世代とかは、ダンスの先生じゃなくてダンサーとして生きるのが夢というか、かっこよく踊りたい、っていうシンプルな欲求が根底にあって、それが評価されて結果、お金を稼いでいくっていう順序だったと思うんですが、今はダンサーより手前にある先生っていうラインが目標になっちゃってる人が多いみたいで「ダンスの先生になるためにはどうしたらいいですか?」っていう質問されたり。

ダンスの先生になるには、まずダンサー目指していかないと、君は先生になって一体何を教えられるの?って思っちゃって。ベーシックな部分や身体の使い方ぐらいは教えられるかも知れないけど。でも、そのレベルまでしか伝えられない層が沢山いて、それなのに少なからずお金を稼げちゃう。

数年前にニューヨーク行った時にね、ニューヨークは真逆で、凄い情熱を持って挑んでる人達がみんな食えないんだよね。大体みんな外で働きながら夢を追いかけてるから。でもそっちのダンサー目指している人達の方が心に響くんですよね。あっちから見たら日本が羨ましいのかも知れないけど、、、そこはすごく考えたことあったんですよね。

TAKE
俺らが子供の時より100倍テレビでやってるし、近くのスタジオにいけばテレビに出てた人がいるかもしれない。その人がテレビのギャラで1万円しかもらってなくても、出てた先生がすぐそこにいるから、そういう夢になっちゃうだろうね。

KENTA
でも、それだけ広まって認知されてるから、自分も仕事がしやすくなってる恩恵も受けてて、葛藤はありますね。だからこそ、SOWL VILLAGEみたいなイベントで、本当にやりたいことを表現してるのかな?っていうのがあるかも。


SOWL VILLAGE TALK SESSION(後編)→

※ENTER THE STAGEの記事の内容に間違いを発見された方は、恐れ入りますがこちらまでご連絡ください。
訂正を行わせて頂きます。

RECOMMEND