2016/5/14 ENTER THE STAGE JAM vol2 @MACHIDA FLAVA レポート&動画!!

beyond.png
2016/5/14 ENTER THE STAGE JAM vol2 @MACHIDA FLAVA レポート&動画!!

2016/5/14 ENTER THE STAGE JAM vol2 @MACHIDA FLAVA レポート&動画!!

2016-05-17 Category:REPORT

※全トーナメントバトルアップロード済みです!


2016/5/23 更新 SEMI FINAL
---------------------------------
KLAXONZ vs OKINAWA





Dead Stock vs GOODFOOT BOONIEZ




2016/5/19 更新 BEST 8
---------------------------------
KLAXONZ vs ARIYA




OKINAWA vs FOUNDNATION




Dead Stock vs Muzzlez




NHK vs GOODFOOT BOONIEZ




---------------------------------
2016/5/17 更新 JUDGE MOVE,予選延長,BEST 16
---------------------------------
JUDGE MOVE




予選延長戦




KLAXONZ vs Dropz2




ARIYA CREW vs ARIYA




OKINAWA vs Lucha Libre




FOUNDNATION vs ZENSHOT & RIKI WRAPS




Break and Skate Club vs Dead Stock




Muzzlez vs BRAND STEPS




NHK vs Bull Mode




GOODFOOT BOONIEZ vs Nicolas & Kanami




5/14に行われたENTER THE STAGE JAM。天気にも恵まれ、集まったチーム数は総勢60組。
予選の結果、残った16組はこちら。
Dead stock(GUEST BATTLER)
Dropz2
ARIYA CREW
Lucha Libre
ZEN SHOT&RIKI WRAPS
BREAK and SKATE CLUB
BRANDSTEPS
ARIYA
FOUNDNATION
Muzzlez
NHK
Bull Mode
KLAXONZ
Nicolas&Kanami
OKINAWA
GOOD FOOT BOONIEZ

かなりレベルの高い戦いが続き、審査員も頭を悩ます。
チーム対決、兄弟対決など、目を引くバトルも多く行われた。
そんな中審査員の中でも話題となったいた2チーム。

OKINAWA
NHK

OKINAWAはベーシックなスタイルを基本として、切れ味鋭く攻める。
一方NHKは特殊なスタイル。
両方共一回戦から強豪を相手にするも、勝利。
今後注目な2チームです。

そんなレベルの高いバトルがBBOY BATTLEが繰り広げられつつ、
決勝の前に行われたのはMC EXHIBITION BATTLE。
共にMC BATTLE界を賑わす句潤とBATTLE手裏剣の戦い。
MCは前回のEXHIBITIONに参加してくれたNONKEY氏。
普段のバトルとは違い、BBOYに囲まれた二人もバイブス高め。
延長の末、句潤が勝利!

このバトルの動画が既に上がってるのでチェックしてほしい。




そしてその流れから、セッションに突入。
BACK BANDはENTER THE STAGE BAND + KUNGO SADANARI。
MC,BBOY,BGIRLが入り乱れたセッション。
MCは町田ローカルなMCや、横浜方面のMCなど嗅覚鋭いMC達が集まってくれた。
BBOYがラップしたり、MCが踊る場面もあり、終始バイブスは高め。
まさにHIPHOPのセッションだった。





さらにその流れから、そのまま決勝へ突入。
バイブスに満たされた空間にDJ KOGATAROOがBBOYアンセムとなっている「UNDER DOG」をぶち込んで、ゲージを振り切る。
気持ちと気持ちがぶつかり合った決勝の結果は、ゲストバトラーのDEAD STOCKがKLAXONZを2:1で下した。





さらにMVPにはゲン。翌日のBATTLE FIELDのシード権を獲得し、BATTLE FIELDでもいいムーブをしていた。


今回のENTER THE STAGE JAMは町田の20年以上続くクラブ、MACHIDA FLAVAにて行われた。決して広い箱とは言えないが、みんなかっこいいクラブと気に入ってくれたようだ。

進行もスムーズで、手伝いを引き受けてくれた今回のスタッフには頭が上がらりません。
次回の予定はまだ未定だが、さらにHIPHOPでクロスカルチャーな現場を作れれば嬉しいです。

※ENTER THE STAGEの記事の内容に間違いを発見された方は、恐れ入りますがこちらまでご連絡ください。
訂正を行わせて頂きます。

RECOMMEND